中小企業の経営コンサルティング 経営相談は大分三宝経営コンサルティングへ

中小企業の経営コンサルティング 経営相談は大分三宝経営コンサルティングへ メールでお問い合わせ

【相手に通じない!】

 
お客様対応やスタッフ間や組織運営の時、
どうしても発生するのが
コミュニケーションギャップ。
 
 
 
 
 
仕方ない、当然です。
 
 
 
 
 
相手が子供、外国人、
日本人同士でも生い立ちが違うので、
双子同士でも意思疎通は難しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビジネスにおいてよく聞くのが
「言った 言わなかった」問題。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結論を言えば
 
 
 
 
 
受信者が、
発信者の意図通りの行動をしなかったら、
言ってないと同じ結果。
 
 
 
 
 
発信者は
ヤキモキするよね〜。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな時は
面倒だけど手間だけど
受信者に
何度も何度も確認するしかない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どこまで伝わっているのか?を
確認する方法の一つを
ご紹介します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
よくリーダー研修で使っている
5ステップです。
 
 
 
 
 
僕は
「能力成長の5ステップ」と
呼んでます。
 
 
 
 
 
[能力成長の5ステップ]
①知ってる
②意味わかる
③できる
④ルール通りできる
⑤伝えられる教えられる
 
 
 
 
 
①〜④までが受信者に求められること
⑤が発信者に求められること
 
 
 
 
 
別名
[不足を知るバロメーター]とも
呼んでます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これを使って、
今相手がどこでつまづいているのか?
自分がどこでつまづいているのか?
 
 
 
 
 
つまり
不足を知ることが大切です。
 
 
 
 
 
 
そこから
発信者の試行錯誤が始まり
あの手この手で
いろんなプレゼンに挑む!
 
 
 
 
 
100点までは決して行かないけど
どれだけコミュニケーションギャップを
埋めることができるのか!
が、大切。
 
 
 
 
 
あとは
受信者が④ルール通りできるまで
発信者が根性もって
プレゼン続けるしかないです。
 
 
 
 
 
この
言い続けるが大切。
 
 
 
 
 
受信者も
前回と今回は
環境も気分も違うので、
同じ内容でも受け止め方は変わります。
 
 
 
 
 
 
ココを諦めちゃうから
ビジネスを諦める人が多い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
決して自分は相手以上になれない。
同一できない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
脱★完璧主義で
前向きに発信していきましょう〜😊
 
 

2021年01月21日

↑ PAGE TOP