中小企業の経営コンサルティング 経営相談は大分三宝経営コンサルティングへ

中小企業の経営コンサルティング 経営相談は大分三宝経営コンサルティングへ メールでお問い合わせ

成果が出ない理由 深掘り地下4階

【起点が全ての根源】

 

 

 

望んだ結果を出すためには

その原因を探れ!

 

 

前回まで原因探しの地下3階まで

降りてきました。 

 

 

 

結果の原因は  行動(地下1F)

 

行動の原因は  思考(地下2F)

 

思考の原因は  発想(地下3F)

 

 

そうなんですね〜!

 

ここまで深掘りしないと

良い結果は出ないんです。 

 

 

でも、まだ、じつは、

もう1階下まで

降りなければいけません。

 

 

 

え〜! 

発想がポジだったら

ポジの結果になるのでは!

 

 

そうです!正解です!

 

 

では、

そのポジ発想

 

いつも瞬時に出せて

長期的に持続力を保ちながら

発想出せますか???

 

 

 

よほどの哲人でなければ

よほど日頃から鍛錬していなければ

難しいですよね? 

 

 

ところが、

いとも簡単に

ポジティブ発想になれるのです。

 

しかも長期持続力を保ちながら。。。

 

 

 

 

では

地下4階までおりましょう!

 

 

そこにあるのは

【起点】です。

 

 

起点???

 

 

起点が

自分起点か相手起点か!

 

 

もっと細かく言うと

 

自分の Do なのか?

 

相手の Be なのか?

 

 

 

自分のDoとは、

 

「自分がヤルこと」にフォーカス。

 

 

例)貴方は飲食店のオーナー

 

コロナで売上が下がったので

利益も取れて売上も上がる 

新メニューを開発しよう!

 

 

ハイ!ここには

一切相手のことが入ってません。

 

 

 

では、この起点のまま

地下4階から地上へ登っていきましょう。

 

 

この自分起点(B4F)から

発想(B3F)に登ると

 

 

値上げをするには、

開発費用も時間もかかるし、

テスト販売もしないといけないな・・・

うわ。。 やること多い・・

 

 

 

この発想から

思考(B2F)に登ると

 

いや、こんな場合じゃない。 

もう新メニュー開発ムリ!

 

 

 

この思考から

行動(B1F)に登ると 

 

何もしない。今のまま。

 

 

 

この行動から

結果(地上)に登ると

 

結局、

利益をあげるメニューもできず

貧乏暇なし

と言う結果になります。

 

 

 

 

 

では、起点を

 

相手のBeに、

 

「相手のあり方」にフォーカス。

 

 

貴方の起点は 

 

外食してコロナ疲れから解消したい。

でも安心安全なお店で

本当に美味しい料理を食べたい・・

 

 

この相手起点(B4F)から

発想(B3F)に登ると

 

 

このお店に来ることで

コロナ疲れから解消され

新しいひらめきや感性を感じてもらいたい!

 

 

 

その発想から

思考(B2F)に登ると

 

 

ココに来ると、

何も不安危険を感じることなく、

前向きな気持ちになり、

考えることやること全てポジティブになり、

いい結果をもたらすことができる!

と感じてもらいたい。

 

 

 

その思考から

行動(B1F)に登ると

 

 

理想はできたので現状をみて、

お金かけず今すぐできることと

お金をかけてすること

分けて計画を何度も何度も立ててみよう!

と前向きに行動して。

 

 

その行動から

結果(地上)に登ると

 

安心安全の空間を作り上げ

同エリアでも競合がなく

来店客数も滞在時間も増え、

売上も利益も常連客もできた!

 

と、こんなシナリオです。

 

 

 

 

 

「自分起点」か「相手起点」か

 

「自分のDo」か「相手のBe」か

 

 

この最初の起点の違いで

 

思いっきり差が出ます。

 

 

まるでボーリングの投げた玉が

 

最初に着いた位置で

 

思いっきり結果が違うように・・・

 

 

 

 

 

コレは

 

コロナであろうがなかろうが、

 

とっても大切なことです。

 

 

 

特にコロナ禍では

 

思いっきり貴方の正体が

 

「自分起点」か「相手起点」なのか

 

はっきり浮かび上がってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年08月05日

↑ PAGE TOP